馬籠宿

江戸時代の参勤交代で多くの人が行き交った、中山道43番目の宿場町 馬籠宿。石畳が敷かれた坂に沿う宿場町、道の両脇には焼きたての煎餅や、おやき、五平餅やお土産屋さん、昔ながらのカフェが並び、食べ歩きや散策が楽しめるスポットです。日常から離れ、心地よい風を感じながらノスタルジックな雰囲気の宿場町で都会にはないのんびりとしたひとときが過ごせます。石畳の坂の街道は、今も江戸時代の面影が残り、島崎藤村のゆかりの地としても有名な馬籠宿は、島崎藤村の生家で、馬籠宿本陣跡である藤村記念館も残っています。歴史を感じる散策を楽しんでみませんか。

午前10時~午後10時(入館は午後9時まで)

最寄りのバス停馬籠宿 Googlemapでバス停検索
路線馬籠(落合経由)
中津川駅からの運賃570円
バス停から徒歩馬籠宿下入口まで 約1分 40m
問い合わせ先馬籠観光協会
営業時間8:30~17:00
定休日
TEL0573-69-2336  (馬籠観光協会)
住所〒508-0502 岐阜県中津川市馬籠4300-1 馬籠観光協会
ホームページhttps://kiso-magome.com/

周辺情報

  1. 恵那神社

  2. 加子母明治座

  3. 常盤座

  4. 苗木城

  5. 下野庚申堂

PAGE TOP